忍者ブログ
北京オリンピックの開催概要・競技のシンボルマークについて・北京オリンピック大会マスコットって?授与されるメダルについて北京オリンピックのチケットに関して観戦に向けた様々な動き、選手村が7月27日に開村・新たに加わる種目・北京オリンピックのテレビゲーム
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
「大会マスコット」というものがオリンピックには存在しますが、例外なく北京
オリンピックにもマスコットはいます。

2年前の2005年11月11日に、北京オリンピックのマスコットは正式に発
表されています。

マスコットは、5体。
そえぞれパンダ、魚、オリンピック聖火、ツバメ、チベットカモシカをイメージ
したものとなっています。
この5体という数は夏季・冬季を通して最多なんだそうです。

マスコットの名前は以下の通りです。

パンダ「ジンジン(晶晶)」
魚「ベイベイ(貝貝)」
聖火「ホァンホァン(歓歓)」
ツバメ「ニイニイ」
チベットカモシカ「インイン(迎迎)」

これらは各々がオリンピックの五輪マークの一輪に相当するものになっています。

国際オリンピック委員会のジャック・ロゲ会長は、北京オリンピック組織委員会
に対し書簡を送り、オリンピックのマスコット発表に祝意を示しました。

また、「北京オリンピック特許商品販売企画」を実施するとともに、これまでの
オリンピックにおける最も収益の高い製品だったマスコッへの展望も、期待の持
てる明るいものであることがわかります。

<北京オリンピックのマスコットの5つの特色>

 ?北京オリンピック主催国の理念やオリンピック精神を具現している。
 ?濃厚に中国的な特色を保っている。
 ?幅広い代表性があるもの。
 ?独創的な知的所有権、プラス市場開拓の大きな可能性がある。
 ?集団の英知を濃縮したものになっている

というものです。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
最新TB
iso
(03/07)

Copyright © [ 北京オリンピックのガイド・チケットほか ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]