忍者ブログ
北京オリンピックの開催概要・競技のシンボルマークについて・北京オリンピック大会マスコットって?授与されるメダルについて北京オリンピックのチケットに関して観戦に向けた様々な動き、選手村が7月27日に開村・新たに加わる種目・北京オリンピックのテレビゲーム
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
オリンピックで脚光を浴びるものといえば、まず聖火リレーがあげられでしょう。
ここでは、聖火について簡単に述べてみましょう。

聖火を持ち運ぶためのツールが、オリンピックトーチです。
1936年のベルリンオリンピック以来、オリンピックでは毎回、主催国の文化
の特色などをアピールしたトーチや、ハイテクを利用したトーチなどと工夫した
ものが現れました。
ですから、トーチはオリンピックの重要な「遺産」とも見られています。

では、今年夏に開催される北京オリンピックの聖火トーチは、どんなものになっ
ているのでしょう。

<北京オリンピックの聖火トーチ>
・長さ72センチ、重さ985グラムとなっています。

・トーチは15分間にわたり燃焼し続けることができ、風速が全くない状態でも
 聖火の炎の高さは、常時25〜30cmを保てるようになっています。
 燃料のプロパンガスは環境にやさしいものを使用しています。

・炎の色は、強い光や日光の下でも識別することができるように黄色が非常に鮮や
 かになっていて、撮影にも便利です。

・トーチの外側の素材はリサイクル可能で、これも環境にやさしい素材となってい
 ます。

・外観のデザインは、中国の伝統的な「祥雲」の図からインスピレー ションを
 受けているといわれています。
「祥雲」という文化の概念は、実に千年以上の歴史があり、中国文化の代表的な
 記号でもあるんです。

・トーチの造形デザインですが、伝統的な中国の巻物をイメージしたものとなっ
 ています。
・色は、目新しい視覚的効果があるレッドとシルバーです。
 そのためこのトーチは、各メディアによる伝播にもプラスになるといわれています。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
最新TB
iso
(03/07)

Copyright © [ 北京オリンピックのガイド・チケットほか ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]